スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸山会事件、石川議員らの拘置延長へ(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡る政治資金規正法違反事件は25日、同会の元事務担当者・石川知裕衆院議員(36)ら3人の1度目の拘置満期を迎える。

 東京地検特捜部は東京地裁にさらに10日間の拘置延長を請求する方針で、認められれば、国会法の規定に基づき、内閣が衆院議長に、石川容疑者の拘置期間を延長したことの通知を行う。特捜部は小沢氏の関与などについて、石川容疑者らを追及し、全容解明を目指す。

 事件では、石川容疑者と同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)、石川容疑者の後任の事務担当者だった池田光智容疑者(32)が同法違反(虚偽記入)容疑で逮捕された。

 これまでの調べで石川、池田両容疑者は自身の虚偽記入容疑を認めている。石川容疑者は特捜部の調べに、「政治家が大きなカネを持っているとわかると良くないと思い、表に出さなかった」と説明。2004年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金に充てた現金4億円の収入などを陸山会の同年分の収支報告書に記載しない方針については、土地購入前に小沢氏に報告し、了承を得ていたと供述している。大久保被告は「収支報告書は見ていない」と、虚偽記入の認識を否定しているという。

 土地代金の原資について特捜部は、中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県)の元幹部の供述などから、同社から提供された5000万円が代金の一部に使われた疑いがあるとみているが、水谷建設からの資金提供について石川容疑者、大久保被告とも否定している。

 小沢氏は23日の事情聴取で、「収支報告書の作成については秘書に任せ、報告を受けたことはない」と関与を否定し、水谷建設を含むゼネコンからの資金提供も「不正な金は一切受け取っていない」と説明した。

外貨準備の適正規模調査=圧縮なら円高助長も-菅財務相(時事通信)
香港に捜査員派遣へ 銀座の高級時計窃盗事件(産経新聞)
<リコール>シャープの両開き式冷蔵庫97万台 扉が落下(毎日新聞)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)
小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
スポンサーサイト

<陸山会土地購入>石川議員ら3人、10日間の拘置延長に(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地裁は25日、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人について、2月4日まで10日間の拘置延長を認める決定を出した。

 他に拘置延長されたのは公設第1秘書の大久保隆規(48)と元私設秘書の池田光智(32)両容疑者。国会開会中に議員の拘置延長が認められた場合、国会法は、内閣が議員の所属する議院の議長(今回は衆院議長)に対し通知するよう定めている。

【関連ニュース】
小沢事務所:別工事でも受注謝礼要求 年2000万円
小沢幹事長:虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布
小沢幹事長:「陸山会貸付に関する経緯の説明」全文
中国:小沢幹事長聴取を速報 「日本の政治地震」
小沢幹事長:地検が事情聴取開始 土地購入原資など説明か

過酷勤務知りながら運転を容認、書類送検(読売新聞)
<訃報>湯川龍二さん93歳=元日本電設工業社長(毎日新聞)
地域活性化へ「緑の分権改革」=クリーンエネルギーや農産物活用-総務省(時事通信)
法政高教諭2人が修学旅行中に体罰、2人けが(読売新聞)
阿久根市長出廷「免職の元係長、復職は悪影響」(読売新聞)

「説明したのは良かった」=福島氏(時事通信)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は23日夜、事情聴取を受けた小沢一郎民主党幹事長が記者会見したことについて「国民にきちんと説明したのは良かった」と都内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

造船工場で労災事故、1人死亡…昨年1月にも(読売新聞)
日本関係船の海賊被害半減=ソマリア沖海自護衛が一定効果(時事通信)
ハイチ大地震 精力的な報道続ける米メディア(産経新聞)
民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」(産経新聞)
4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)

地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部-胆沢ダム下請け受注(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、東京地検特捜部の家宅捜索を受けた中堅ゼネコン2社に、それぞれ鹿島東北支店の元幹部が、顧問や社長として再就職していることが20日、関係者への取材で分かった。2社は2004年に胆沢ダム(岩手県奥州市)本体工事を鹿島から下請け受注していた。
 同じく同工事を下請け受注した水谷建設(三重県桑名市)の元幹部らは、受注後に小沢氏側に5000万円を渡したと供述。特捜部は、ほかのゼネコンからも資金提供があった可能性があるとみて、鹿島や2社など参入業者から事情聴取している。
 特捜部は13日、政治資金規正法違反事件の関係先として、鹿島の本社や東北支店を家宅捜索。19日には、中堅ゼネコンの宮本組(兵庫県姫路市)、山崎建設(東京都中央区)を捜索した。
 関係者によると、宮本組は、同工事の当時、東北地方の談合仕切り役だったとされる鹿島東北支店元幹部を、08年1月に顧問として採用した。元幹部の自宅も今月13日に捜索を受けた。
 宮本組関係者によると、元幹部はほとんど出勤せず、勤務実態はないという。
 山崎建設は08年に会社更生手続きを開始。昨年5月、専門知識を持つ「事業家管財人」に東北支店長を務めた鹿島元役員が選ばれ、同10月に社長に就任した。山崎建設の広報資料によると、同管財人の人選は同社が進め、最終的に東京地裁が選任した。
 関係者によると元役員は、水谷建設などの下請け受注が談合により決まったとされる03年ごろ、鹿島東北支店長を務め、仕切り役だった元支店幹部の上司だった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論-警察庁(時事通信)
ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)
勤務医の労働環境、「非常事態宣言したい状況」-全医連代表(医療介護CBニュース)
民主党が“検察リーク”対策チームを立ち上げ(産経新聞)
【月と太陽の物語】明石海峡大橋 だるま×だるま(産経新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:はぎわらきよいちさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。